宇都宮の3人制バスケ国際大会、バンバ広場に特設コート決定 観覧席800、無料開放

下野新聞
2016年6月30日

 宇都宮市は29日、7月に開催される3人制バスケットボール国際大会「3×3ワールドツアーうつのみやマスターズ」の概要と関連イベントを発表した。大会はバンバ市民広場と宇都宮二荒山神社参道に特設コートを設け、7月30日に予選リーグ、31日に決勝トーナメントを行う。コート周辺には観覧席800席を用意し、市民らに無料開放。大会オリジナルビールの販売やマルシェ開催など関連イベントも展開、暑い宇都宮の夏をさらに熱く盛り上げる。

 同大会は国際バスケットボール連盟が主催。クラブチーム世界一を決めるワールドツアーファイナル(10月、アラブ首長国連邦で開催)への出場権を懸けて、世界7都市で行われる代表決定戦の一つ。日本を含むアジア各地から勝ち上がった12チームが出場する。

 予選リーグは30日午後3~9時。3チームずつのリーグ戦を行い、各上位2チーム、計8チームが翌日の決勝トーナメント(午後3~9時)に進出する。

 観戦は事前申し込み不要で、自由に出入りできる。両日とも午前10時開場。

 市などでつくる実行委員会は、国内外から多くの人が集まるこの機会に「宇都宮の素晴らしい文化を感じてもらおう」と関連イベントを多彩に展開する。

【宇都宮市・3x3啓発動画】FIBA 3x3 World Tour Trailer 2016 - YouTube

地図

地図を開く 近くのニュース